Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49

今流行のスイーツ、「神戸フランツ」の『魔法の壷プリン』を食べてみました。
テレビで度々紹介され、楽天市場のランキングでも常に上位に来る人気のプリンです。
一番上の生クリームがちょっと甘いと思ったけど、カスタード、カラメルソースと軽く混ぜたらちょうどいい感じ。
デフォルトの冷凍状態から全体が硬くない程度に解凍しても一番下のカラメルは固まったままなので、壷の底を手の平で少し温めたら冷たいプリンを最後まで美味しく頂けました^^

実は、神戸フランツの実店舗は自宅から徒歩6分の場所にあります。
この壷プリン、楽天市場店では5月下旬まで予約が埋まっているのに、店頭では並ばずに買えるし特に大盛況というわけでもありません。
商売とは不思議なものです。
先日、宣伝力について書きましたが、神戸フランツの場合、宣伝力の神通力はネット限定なのでしょうか。

宣伝力といえば、数日前テレビで黒豆がダイエットに効くと放送され、街のスーパーやネットショップで売り切れ続出、在庫切れついでに便乗値上げする店まで現れてちょっとした“祭り”状態になりました。
ところが今日、事件後初めて買い物に出かけると、複数の店で普通に黒豆が置いてあるではありませんか。
中には、今だっ、とばかりに黒豆を最前列に山盛り並べているお店もありましたが、別に人だかりもなく…
一体何だったのでしょう。
結局マスコミという最強の宣伝力も当てにならないということでしょうか。
それとも、壷プリンの件といい、この地域は何かの結界の中にでもあるのでしょうか。

何れにしろ望ましい商売の形とは、一過性のブームに乗るのではなく永続的に安定して売れることに他なりません。
でもこんな移り変わりの激しい時代、それはもう至難の業です。
プリンも豆も、5年後10年後と変わらず売れ続けていれば、本当に素晴らしいと思います。

そうそう、壷プリンの店頭販売は現在のところ午後2時から限定200個です。
実店舗へ行こうと思った方は時間にお気を付け下さいね。

都賀川沿いの桜並木





都賀川沿いの桜並木

地元では人気の花見スポットです。


大木を見上げると…





大木を見上げると…

新しいパワーがみなぎっています。

 

PR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.