Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135

桃の花が売れません。
先日の予言通り高いです。
周りを見ても桃の花を買って持ち歩いている人は滅多にいません。
花屋だけでなく、この地域は本当に不景気のようです。
去年開店した安くて新鮮な寿司屋さんも、日本一安いと豪語する肉屋さんも、初めは行列のできる店でしたが、今は、う~ん…
安くて駄目なら一体どんな店が売れるのかっ!
―と思ったら、ありましたよ、一軒だけ。
3年ぐらい前にできたミニスーパーです。
最初はほとんど八百屋さんでしたが、今では肉も魚も乾物も卵も牛乳も、その他一通りの食品が揃っています。

そこで買い物をする度に何故これだけ流行るのか考えて出した結論は、
 1.立地条件が良い
 2.結構安い
 3.狭い
 4.品揃えがツボにはまっている
ということ。
は基本でしょうね。
について、何もかもが激安だと食品の場合何か胡散臭いので、適度な割安感がよろしいのではないでしょうか。
は大事です。
入口にドアがなく、店内は楽勝で見渡せて、商品は低めに陳列してあり、通路は擦れ違うのも難しいぐらいのこのお店、まず敷居が低いのは良いことです。
そして普通のスーパーのように手が届かないぐらい高い所まで商品が積み上げられていないので、見落としたり諦めたりしなくて済むし、何がどこら辺にありそうかも分かりやすい。
また、狭いと常に混雑状態なので、外から見てナニゴトかと思うほど人目を惹きます。
の品揃え、「アレはあそこにあるやろう」と行けば大抵あるのが嬉しいんです。
利用者の希望を店側が把握していると同時に、店側のコンセプトが利用者に伝わっていると言えるでしょう。

以上を考えるに、当店に欠けているのは何か。
思いっきりです!
商品が必需品でないことは置いといて、だけど^^;

PR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.