Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223

スポーツ指導における体罰が大問題ですが、気になって仕方がないことが二つ。

そもそも「体罰」は「罰」であるから、「何か悪いことをした時」に反省を促す手段や他の人への抑止力として行使されるものを指すはずです。
従って、スポーツで強くなるために有効な指導法と勘違いされているアレは「体罰」ではなくただの「暴力」です。
日々上を目指して頑張っているアスリートに対して「罰」??
訳わからん!
「罰」なんていうから何となく正当化され習慣化されてしまったのではないか。
体罰を受けたことのある高校生の中には、よかった、ためになったと語る子もいるらしいけど、余程練習中に悪さをしたりして叱られた時の体罰でもなければ、それは洗脳されているか真性のMかのどちらかです-"-

もう一つ、昔から鬼コーチとかスパルタ監督には何故か「竹刀」が付き物ですが、私はこれに物凄い違和感を覚えます。
中学、高校と剣道をしていたので、「竹刀」は武士の「刀」と同じだから大切に扱わなければならない、特に決してまたいではいけないと教わり、至極もっともなことと認識していました。
確かに竹刀は、バットやラケットやゴルフクラブましてや傘やゴボウとは異なり、元々人を打つ(斬る?)ものです。
だからといって、全く剣道と関係のない場面で恫喝、脅迫の道具になっているのは明らかにおかしい。
世界中の剣道家を始め心ある人は、是非この失礼な慣習を糾弾するべきです。
そして、今まで当たり前のように不本意にも体罰の名を借りた暴力の友だった気の毒な竹刀を野蛮人達から取り上げれば、少なくとも竹刀による指導と称した暴力はなくなるはずです。
誰か有名な人~テレビで声を大にして言ってくださ~い!

spray.jpg
…今日も花と無関係でした^^;
せめて画像だけでも綺麗なのをどうぞ。
スプレー菊いろいろ^^

PR
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.