Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167

今度は豊中の有名な市場です。
私は昔、阪急宝塚線の沿線にある高校に通っていたため、地元の同級生の話を聞いたり実際に下校ついでに行ったりしてこの界隈がいかに賑わっているかを知っていました。
何十年の時を経てどんな風になったのかとても興味があったのですが、うーん…時代の流れには勝てないようです。
テレビでもよく紹介される行列ができる肉屋さんのコロッケも、並ばずにあっさり買えるし。
(これは評判通り大変美味でした^-^)
おまけに何と、ランドマーク的存在だったダイエーが、2012年1月末で閉店するという!
47年も続いたのに!
あんなにたくさんいた人々は、一体どこへ行ってしまったのでしょう。
どこで買い物をするのでしょう。
スーパー、コンビニの売上げが伸びているというけど、ここではそのスーパーさえもやっていけないのか。

…しかしそれはたまたま極端な例を目の当たりにしたとしましょう。
一般に不景気になると、大量仕入れで価格競争に強い量販店が個人店を圧倒すると思われますが、花屋に関しては個人店が量販店に負けずにいられる可能性を示唆する特有の事情があります。
というのも、量販店の花売場は大抵量販店の直営ではなく委託された個人の花屋が運営しており、売上げの2~3割を場所代として量販店に納めなければならず、その分価格設定が高めなのです。
更に、多くの場合花屋の従業員はその場にいないので、商品管理が甘くなり勝ちです。
これなら負ける気はしない、はず?!

PR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.