Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216

それでは問題です。
以下のグループ分けの基準は何でしょうか?
Aグループ…オリエンタル百合、リンドウ、オンシジウム
Bグループ…薔薇、ガーベラ、アルストロメリア

答えは、「花持ちの良し悪し」です。
Aは持ちの良い花、Bは持ちの悪い花であると同時に、当店においてはよく売れる花、売れない花とも言えます。
従って、Bグループの花は敢えて積極的に仕入れることはしません。
たまに三代目が魔が差して仕入れてしまい、あまりにも売れないので自宅に持ち帰って生けて観察すると、やっぱり弱いのです-"-
どれもとても素敵な花なのに、残念です。
特に今年のように夏が暑過ぎると、元々弱い花の弱さはますます顕著になるようです。
日本で日常的に花を飾る習慣があまり普及しないのは、夏場の高温多湿が一因かもしれません。
以前から切花の購入量は東高西低という印象があったけど、それは実は国内でも差のある気温や湿度による花持ちの良し悪しと繋がっていたのかも。
なのに、どういうわけか神戸は花屋が多く、過当競争により値段は確実に下がってきています。
しかし安くなれば普及するかと思えばそうでもないし、でも毎日花を見ていると間違いなくこれらは生き物であると実感するし、ならば命の値段は安くはないぞとも思うし、もう、訳分かりませんわ…

PR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.