Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208

いじめによる自殺や殺人―全くもってあってはならないことです。
なのにどうしてこう何度も繰り返されるのか。
それは、全ての生物の本能に関わることだからではないか…
生きとし生けるものの究極の目的が種の保存であるとすれば、より強い遺伝子を残すために強者が弱者を押し退けて淘汰しようとするのは無理からぬことと思われます。
様々な動植物の生態からも明らかです。
テレビのドキュメンタリーなどで同種の動物同士の壮絶な殺し合いを見ても、眉をひそめながらも仕方のないことだと割り切っている。
いじめは、ヒト特有の心の動きにより歪められたひとつの淘汰に至る過程なのかもしれません。
全てのヒトの潜在意識から種の保存に関する項目を消去しない限り、いじめはなくならないでしょう。
しかし、本能だからといって決して許されるものではない。
そこが、万物の霊長と豪語するヒトがヒトたり得るか否かの分かれ道ですよ。

消費税増税も弱者に対するいじめです。
ところがお人好しの日本人は、「子供達の未来のため」などと言われると、早速種の保存の本能のスイッチが入ってまんまと納得させられてしまうのです。
この本能は強者が弱者を駆逐するのみならず、弱者が自ら進んで強者に排除される行動さえも起こさせるようです。
いじめをいじめと気付かない、まるでドメスティックバイオレンスに遭っている人が、加害者のことを「本当は優しい人だから」「私にも非があるのだから」などと言ってその場しのぎの謝罪に騙され洗脳されて、結局抜け出せないのと同じです。
しかも、命懸けで増税を強行しようとしている我が国の総理大臣は、これまた「いじめに加担しなければ今度は自分がいじめられる」というよくあるいじめスパイラルにはまっているようにも見受けられます。
それこそ命懸けですから、殺らないと殺られるのでしょうね。
ヒトとしての誇りは、理性はどこへ行ってしまったのか、情けないことです。

PR
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.