Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282
3月24日に入荷して売れずに連れて帰った薔薇、咲き終わった花を取り除いて粘り強く生けていると…
んん??何かが発生した模様。
何もないのと比べると、その差は明らかです。
これは、期待できますよ。
今まで何度か発根に挑戦したけれど、生花店の切り花だとどうしても収穫してから日数が経っているからかうまくいった試しがありません。
ましてやこの薔薇はエチオピア生まれです。
ピンク色なのにアクアです。
遠路はるばるお疲れ様です。
しかも、いい加減なことに活力剤も何も使わずただの水に入れていただけです。
そんな悪条件下からしっかり苗になってくれたら、超ラッキー!
このブログが当分観察記録になる予感。

そもそも三代目は薔薇はあまり仕入れません。
何故なら、薔薇はトゲがあるため仏花や墓花には不向きということで、仏花と墓花が主力商品の当店ではあまり売れないからです。
もちろん、薔薇は絶対ダメなどといった決まりがある訳もなく、お仏壇やお墓の中の人が薔薇大好き人間で周辺の人々もそれをよく知っていて既成概念に縛られないタイプであれば無問題なのですが。
因みに、当店では薔薇のトゲは大体取り除いてから陳列しています。(大抵の花屋さんはそうだと思います。)
となると、薔薇のトゲが飾る時点であるかないかではなく、薔薇は元々トゲのある植物であるという点がまずいのか?
では、トゲのほとんどない品種ならいいのか?
まったく、よくわからない習慣とか常識とか思い込みとかに振り回されてばかりいると、自分を見失ってしまいますよ。

※ 切り口について、薔薇のように水を吸いにくい植物は斜めに切ったり十字に切り込みを入れたりして水に触れる面積を広くします。
でも茎の表面は水に浸かっているところからヌルヌルしてきて腐りやすいので、まずは水位を低めに設定し、水を替える時に軽くヌルヌルを洗い流しましょう。
この度は断面からの均等な発根を狙って茎に対してほぼ垂直の切り口で十字の切込みにしましたが、あまり関係なかったみたい^^;
PR
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 12 14
16 17 22
27 28 29
30 31
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.