Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186

相変わらず切花は安く、冬でこんなに安いのは三代目の記憶にないほどです。
小売りで売れないから安いのであって、当店も当然、売れません-"-;
だって、1ヶ月以上持つんですから…
この時期いつもならよく売れるチューリップ、スイートピー、フリージア(いい匂いですね^^)もあまり売れず、健闘しているのは菊と百合ぐらいです。
菊でも、アナスタシアやピンポン等の変わったものは、例年ほどは売れません。
結局定番中の定番ばかりで。
花のように元々自然のものは、季節に合わせて楽しむのが本来の姿だと思うのですが…
何かこう、スタンダードなものばかりが売れるのは、大災害の後の安定志向つまり足元を固めて堅実に生きるが吉、みたいな傾向に関係があるのかなぁ。
もちろんそれってとても大事なことで良いことには違いないけど、何も花の選択にまで反映させなくても…って実のところどういう理由でそうなっているのか分かりませんが^^ゞ

昨年末、店頭に出て思ったのは、お客様の好みが結構限定的だということ。
当店はほとんどの花が1本売りOKなので、正月用のセット花束に更にお好みで花を足すお客様がたくさんいらっしゃったのですが、大抵は同じような組み合わせになっていました。
"普通"はどんなものかをどうやら気にしているらしい。
まあ持ちの良し悪しとかである程度絞られてしまうにしても、"普通"って何でしょうね。
そんなの人間が勝手に言ってることで、花たちはどんな組み合わせにされても何も気にしないはずです。
土に植える場合は、コンパニオンプランツ(共栄作物、共存作物)という相性の良い植物の組み合わせがありますが、切花は一度生命の元を断ち切られて第二の命をただ精一杯咲くためだけに生きるものですから。
"普通"を心の隅に置きつつも、"普通"に振り回されないでいたいものです。

PR
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.