Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
当店は、盆明けと正月明けを除き、休業日なしです。
当店が入っている灘中央市場の休業日である水曜日も、営業しています。
ところが、先日二代目が他界した時は、さすがに1日だけお休みを頂きました。
三代目曰く、自分の知る限り初代や二代目が店を切り盛りしていた時代も含めて初めてのこと、だそうです。
それほど稀有な事態であり、しかもその日は特に人通りが少ない水曜日だったにもかかわらず、後日「閉まってたねー」と複数のお客様に言われてしまいました。
正に「あの花屋はいつでも開いとるでー」という認識の浸透を物語る事例です。
ほぼ年中無休で、花のニーズが少しは増える「物日(もんび)」が何曜日であっても開いている花専門店!
これって結構凄いことですよ。
安心感がありますよ。

さて、12月も半ばを過ぎ、当店でも年末商戦の準備を着々と進めています。
当然年内無休、31日は18時頃まで、シャッターを閉めずにお待ちしております。
宜しくお願いいたします(^O^)/
PR
二代目(三代目の母)は、人生のたそがれ時を走り抜け、夜明けと共に天へ駆け上っていきました。

真夜中、私は何となく眠れずにシルバー細工の最後の仕上げに時間を掛けていました。
ようやく「これ以上無理!」なところまでたどり着き、ささやかな達成感に浸りながら風呂に浸かろうとすると、ケータイがけたたましく鳴り響きました。
「心拍数が下がってます。すぐ来てください!」
三代目を叩き起こし、二人で未明の大通りを全力疾走し病室に転がり込むと、モニターは「0(ゼロ)」。
「なんで待たれへんねーん!」←全力のツッコミ
電話を受けてからわずか十数分後のことでした。

…とにかく、ツッコミ所満載の二代目でした。
特に認知症が進んでくると、二代目ボケる、私つっこむ、看護師さん爆笑というパターンが定着しつつありましたが、最期のツッコミの後は、私「せっかちなんやからー」、看護師さん「ご飯食べるのも速かったからねー」というしみじみとしたオチでした。

二代目の認知症は、5年ぐらい前から始まっていたように思います。
まず、暑い寒いの感覚が鈍くなり、真冬に冷房を入れていたりするので、「冷房ですやん」とつっこむと「ぬくいように思ったけどなぁ」
リモコンを見ると27℃!(真夏に設定したままになっていた!)
もしかして正しいのか?と一瞬たじろぐけどやっぱり「ちがーう!」
それから次第に笑えないことを多々やらかすようになり、認知症キターと確信するも、糖尿病関連でいろいろな薬を飲んでいた二代目をこれ以上薬漬けにしたくないし、認知症予防と言われることの真逆を堂々と実践し生活習慣を改める気無しの人に薬を与えるのは、医療費による財政の圧迫に繋がりかねない愚行であると考え、敢えて診断は受けずに投薬を回避し、心理作戦で穏やかに余生を送ってもらうことにしたのです。

もはや国家的大問題の認知症、二代目の場合。

1年半前には既に歩けなくなっていたので徘徊の心配はないものの、たいそうな暴れん坊モード期がありました。
とにかく食事のスピードが超高速で、結果、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、とろみのついた物しか食べられなくなったのに、みかん持ってこいとかパン食べたいとか。
無理だと言うと、「も・っ・て・き・て~!!!」「持ってこんかったら、家入れたれへんぞ!」
おいおい、ここは病室やて…
もう毎度の大暴れにゲンナリでしたが、そんな時は「今度持ってくるねー」と言えば、納得して静まってくれるということがわかってきました。

他にも、口内細菌の繁殖による誤嚥性肺炎のリスクを減らすため、寝る時は入れ歯を外してほしいのに、それは「嫌」だと。
案の定、常に喉をゴロゴロゴロゴロ言わせている。(後にCTスキャンの画像から小さな肺炎を何度も起こしていたことが判明。)
初めのうちは、健康のためとなだめたりすかしたり叱ったり脅したりしましたが、よくよく考えれば、やる気もなくなり足も立たなくなりすっかり不健康番長になってしまった二代目に今更健康の大切さを説いて怒らせるより、何でもいいからご機嫌麗しくいてもらう方がお互いにとって幸せなのだと悟り、嫌がることは無理強いしないと決めました。

また記憶力は1分間なので、「今度何時に来るんですか」(何故か敬語な二代目)「6時にご飯持ってきてくれますよ」(私)「うん」(二代目)…1分後、「今度何時に来るんですか」「6時にご飯持ってきてくれますよ」「うん」…1分後、「今度何時に来るんですか」「6時にご飯持ってきてくれますよ」「うん」…無限ループ(´・ω・`)
別バージョンでは、「今度何時に来るんですか」「誰がですか」「あんたが」「私はもう来てますよ」「…(照れ笑い)」
つまり、自分でもおかしなことを言っているという自覚があるのです。
そして、この「何時」とは私が来る時間(もしかしたら日にち)なのかご飯が来る時間なのか、一体何が知りたいのかも混乱しているようです。
ここでは、とにかく忘れる病気なのだと割り切り、何度も同じことを聞かれても決してキレずに笑顔で答える。
答えを覚えてもらおうなどとは考えない。
それに、なんか変だと自覚している人にその点を指摘しても、落ち込むか暴れるかでいいことはありません。
勉強しようと思っている時に勉強しろと言われるとやる気が失せるのと同じかな?
認知症でよく見られる鬱状態や暴力暴言の元はこのあたりにあるのかもしれません。

以上、膨大なエピソードのほんの一部ですが、こんな風に試行錯誤しながらどうにかこうにか二代目@認知症と平和裏に付き合い、日々順を追って「その時」に近付いていく姿を、三代目と共に見つめていたのです。

「たそがれ」は「誰そ彼(たそかれ)」つまり「誰だあれは」という意味です。
日が暮れて薄暗くなり、人の顔がわからなくなるという…
「その時」の2日前、二代目が私を見て言った最後の言葉は「あ、◯◯(私)か」でした。
見てください、これ!

オレンジ色のスプレー菊に一輪だけピンク色が°0°
別の花が紛れ込んだのではありません。

確かに同じ1本の茎から枝分かれしていますね。

ゴールデンウイークの頃、ツツジの植え込みで花が白とピンクの木が隣り合っているあたりをよく見ると、一つの花で半分白、半分ピンクなんていうのがあったりする。
きっと、あれと同じ理屈なのでしょう。
たくさんの花を扱っていると、たまにこんなことがあってほっこりします^-^
アスター
ケイトウ
これらの共通点は何でしょうか。
答えは、イモムシがいること(´Д`)
鑑賞用の花には食べる野菜と違って農薬がよく使われますが、それにもかかわらず虫の天下になってしまっていることが多々あります。
やたらとかじられた跡や糞があれば、大抵は近くに犯人?が身を潜めています。
どちらも葉が柔らかく食しやすそうなので、親は子の健やかな成長を願ってまずは孵化直後から食べ物に困らない場所に卵を産み付けるのでしょう。
人間の親の中には子に食事を与えず放置する不届き者もいるというのに、何と立派なことか!
そして、イモムシは食べ物に囲まれて恵まれた環境とはいえ誰の手も借りずに自分だけの力でたくましく葉から葉へと這い回りモリモリ食べモリモリ排泄し、やがて自分だけの力で糸を吐いて家を作りさなぎとなり親になっていくのです。
ゆめゆめ虫けらなどと侮ってはいけません。

しかし、しかしですよ、花屋にはこれらの尊い生命活動に水を差さざるを得ないという宿命があります。
一生懸命食事中のもの、葉の陰でまったり休憩中のものを容赦なくつまみ上げて、おととい来やがれっ!と店の外へ投げ飛ばす。
しかも皮肉にも当店ではただ一人イモムシを素手で触り掌に乗せて遊べる『平成の堤中納言物語の虫愛づる姫君とは呼ばれなかった私』しか、この技を繰り出すことができないのです。
そんな矛盾と闘いながら、花屋の本当の敵は何なのかを探る日々であります。
お盆も終わり、オリンピックも終わり、8月24日の地蔵盆も終わり、私の中の夏祭りはひとまず終了です。
当店では昨年より200本少なく仕入れたにもかかわらず昨年より大量に余ってしまった高級ハスが地蔵盆で売れるかと思いきや全く売れず、益々もって業界の衰退を実感させられた次第です(T_T)

さて、オリンピックと言えば日本選手が大活躍で私も結構気分上々でしたが、やはりいろいろと考えさせられる日々でもありました。
たとえば、「負け」について。
出るからには勝ちたい、金メダルを獲りたいのは皆同じだけど、勝者がいれば当然敗者もいます。
いや大勢います。
どこかで敗者になる確率の方がずっと高いのです。
今回も、勝って当たり前と思われていたレスリングの吉田沙保里選手がまさかの銀メダルとなり、マットの上で、インタビューで、表彰台で、翌日のテレビ番組でぽろぽろ涙する姿に、「もう泣かないで~頑張ったんだからもういいよ~謝らなくていいよ~みんな怒ってないよ~」と語りかけたのは多分私一人ではないでしょう。
ここまで来るのにどれだけ大変だったか、どれだけ重圧を感じていたかは本人にしか決してわからないことだし、増してテレビを見ているだけの凡人の私があの姿を採点する資格はありません。
でも、表彰式で隣の金メダルのマルーリス選手が少し困ったような表情を浮かべていたようにも見えたことを思うと、スポーツに限らず何事においても、負けた時はできるだけ早く気持ちを切り替えた方が自分も周りも幸せになれる気がします。
そこはさすがは一流アスリートの吉田選手、今は元気になって帰国されたようで、安堵しましたが^^

ところで、最終最大の勝ちって何でしょうか。
それは、お金持ちになることでもなく、仕事で成功することでもなく、勝負事で負け知らずなことでもなく、きっと、死ぬ時に「まあ悪くない人生だった」と心から思えること。
もしそうであれば誰もが人生の勝ち組になり得るってことですよね?!
何かにつけて勝った気がしない人、この指止まれ!
一緒にこのユルーい仮説を信じて最後のリベンジを狙いましょう(^◇^)/
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.