Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
以前仏花の持ちを検証する記事を書きましたが、今度は暑い時期だとどんな感じか調べてみようと思い立ち…
撮影日がわかるようスクリーンショットを掲載しました。
接続環境と撮影時刻は消しています。
17:10というのはスクリーンショットを保存した時刻なのでお気になさらず^^ゞ

6月25日スタート。白い大菊、赤い大菊、黄色い小菊、赤い小菊、紫のリアトリス、ピンクのカーネーション(よく見ると2種類)、そして、下草としてヒサカキです。
6月28日。全体的に花が開いてきましたね。
7月2日。更に開花。束ねていた紐は外しました。
7月4日。黄色い小菊は全滅。カーネーションもそろそろ限界かな。
7月6日。残念ながら赤い小菊はほとんど咲く前に茎が腐って水を吸えなくなり、終了。リアトリスは、やるだけのことはやったって感じ。さすがに大菊は強いなぁ。既に11日経過です。
7月9日。赤い大菊が脱落。頑張って咲き切りました。
最後に残った白い大菊も、この時点でこれ以上開く力は残っていないようです。あ、ヒサカキはやはり別格ですが。

ところで、この白菊、単品売りだと当店では最も敬遠されるタイプです。
何故か。
首が曲がっているから。
でも、このように別段弱い訳でも全くなく、むしろ曲がっているお陰で生ける時花の向きを決めやすく、仏花でも墓花でも花の一番いいところを簡単に正面に向けられるので、誰でも格好良く生けやすい1本なのです。
皆、わかってないなー。
菊でも百合でも、真っ直ぐであることが何よりの値打ちである、そして、それをたくさんの中から選り出すのが目利きである、と思い込んでいる御仁の多いこと(-"-)
PR
(おしゃれー*´▽`*)

前回お話ししたベージュのカーネーション、久し振りに入りました!
そして、あっという間に仏花の構成員となって売れてしまいました。
と言うのも、仕入れた直後は単品で店頭に並んでいたのですが、案の定オーソドックスな赤やピンクに比べて売れ行きが鈍く、このままでは廃棄物になってしまうと判断した三代目が目にも留まらぬ速さで菊やスターチスと合わせて当店売れ筋商品の仏花に仕立ててしまったからです。
それにしても、いつもながらまことに保守的な客層であります。

事実、大抵のお客様は「いつもの…」とつぶやきながらいらっしゃいます。
いつも同じ種類、同じ組み合わせ、同じ色の方も少なくありません。
せいぜい、百合でも菊でもカーネーションでも、よくある色の色違いでローテーションがあるぐらいです。
(そもそも何を基準に「よくある」と言えるのかよくわかりませんがね。)
ベージュのカーネーションなんてありえない!
結局やっぱり「いつもの」をお買い上げになるのですが、その割には、「今日は仕入れはなかったの?え、仕入れてこれだけ?少ないねー!」ってか(´・ω・`)
私はすかさず、「はい!少ないので、端から端までいかがですか?」とお返しします^^

こんな調子で世の中矛盾だらけです。
これは炒め玉葱です。
カレーを作るのに、ちょっと余裕があったので、面倒臭いことをしてみました。

ふと思うに、こういうのって何で飴色なのでしょうか?
飴と一口に言っても、いろんな色があります。
いやもうない色などないぐらいではないかと。
なのに、飴色と聞けばたいていはこの透明感のある茶色を想像する。
ん?茶色って?
緑茶ではないな。
ジャスミン茶も違うな。
ほうじ茶かな。
と、考えだすと際限なく広がるので、取り敢えずは飴色について調べてみました。

講談社『色名がわかる辞典』によれば、「半透明のやや明るい褐色。デンプンと麦芽を主材料にして作った水飴の色をさす。現代の水飴は無色透明だが、古来の水飴は麦芽を加えており薄い褐色に色づく。」

ほう。
昔ながらのわかりやすく便利な共通認識ですな。
(実は「褐色とは何か」も調べましたが、続きはWEBで^^;)

因みに、最近は肌色という名の色がクレヨンなどから消えたそうです。
日本人なら大抵は肌色と聞くといわゆる黄色人種の肌の色を思い浮かべるのでしょうが、地球規模だと共通認識なんて存在しないわけであります。
いろいろあって当たり前、グローバル化やなぁ。

しかし当店はまだまだのようで、珍しくハイカラなベージュ色のカーネーションが入った時のこと、何人ものお客様から「これ枯れてるんちゃうん」と言われてしまいましたよ(´Д` )
茶色い花は枯れているという共通認識!?
平成の世にあって、この地域はまだ鎖国中です。
私は自転車通勤をしています。
シティサイクルと呼ばれる普通のママチャリです。
が、時々普通ではないと指摘されるのは「サドルが高い」ということです。
事実、サドルに座った状態では絶対に地面に足は届きません。
ペダルが最も遠い位置の時に足指の付け根でペダルを踏んだら膝が少し曲がるぐらい。
多分、スポーツバイク並みの高さです。
だから、止まる時はひょいっと前に降ります。
無理に座ったままで足を着こうとするより、ずっと安心安全確実です。
このスタイルで長年何の不自由もなかったのに、ふと気になって最適なサドルの高さなるものを調べてみると、大抵は、両足の爪先が地面に着くぐらい、とあります。
そうか、やはり高過ぎるのか。
これから先、運動神経が今より良くなる見込みもなく、運悪く転倒し社会の迷惑になる自分を想像すると、ここは一つ一般常識に素直に従うのが得策であるとの結論に至りました。

早速、サドルを「適正」に調節しこれで常識人の仲間入りだとばかりに張り切って出発したところ、いつもと同じ道であるにもかかわらず、景色が違って見えるのです。
目線がほんの10cm低いだけでこんなに違う。
なんか、こう、世間が狭くなった感じ…
しかも、ペダルを回すのにいつもより膝を曲げないといけないので妙に疲れる。
ハンドルが相対的に高くなったため上半身が垂直な感じで、登り坂で力が入らない。
やっぱ、これ、あかんわヽ(`Д´)ノ

そんな訳で、あっさり元の高さに戻しましたとさ。
でも、視点を変えてみると今まで見えていたものが見えなくなったり、その逆だったりと、いろいろ考えさせられることもあったという深~いお話でした。

因みに、足元を見れば幸せが^^

わかるかなー?
啓翁桜(けいおうざくら)は、支那桜桃(しなおうとう)に彼岸頃に咲く小彼岸桜(こひがんざくら)を接ぎ木してできた品種で、親の特徴を受け継ぐ早咲きの桜です。
冬の桜のイメージが強いのですが、切枝として花屋に出荷されるものは、綿密な温度管理により12月から3月という長期にわたりうまい具合に開花するように育てられています。
こちら、1か月近く前に当店にやってきた啓翁桜です。
数本残った長い枝を、例によって三代目がもう売れないと判断してごみ袋に入れるべく切り分けたものです。
仕入れた時の長さのままで花が順次終わってくると枝にスカスカな部分が目立ってどうもカッコ悪く、そうなると当店では見向きもされなくなるのも事実だけど、こうやって短くしたら、ぜーんぜん気にならない!
しかもこの花は、一体いつ咲いたのか忘れるほど、散るのを忘れたのかと思うほど、長く咲き続けています。
少しずつ伸びる若葉が確かに時の経過を物語ってはいるけど、ピンクと緑のコントラストが却って鮮やかで綺麗^^

ここ数日のニュースでは、春の桜ソメイヨシノの開花状況が流れています。
当店の地元の桜並木は現在こんな感じ^^
今度の日曜月曜あたりは雨だそうですが、ちょうどその後が見頃かな、と期待しています。

自然の中で咲く桜は天気や気温の影響をもろに受けるためなかなか長くは楽しめませんが、それはそれで季節の移り変わりを強く意識させ、時間の無駄遣いを省みるきっかけにもなります。
やり残したことはないか、やっておかねばならないことはないか、いつ何が起こるかわからないこの不確実な時代に、後悔のないよう生きる術を日々模索しては挫折しています´Д`
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.