Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298
『おまけ』の一日遅れで蛹になった『きんかん』、そろそろ羽化するかなーと毎日確認していたのですが…
7月16日、ガ~~ン!!!
既にこの世のものではなくなっていたのです。(勇者は画像をクリック!)
前日まで何事もなかったかのように見えたのに(ノД`)・゜・。
このままでは悔しいので、中にいた奴がどんな顔をしているのか見てやろうと。
 蛹ですね。(右のメモリは1mm刻み)
調べると、悪名高きアオムシコバチ〔注〕にしては数が少ないような?
奴らの蛹と特定できる写真も見つけられなかった。
何やろなー???
奴らは成虫になってアゲハの蛹から自主的に出てくるらしいけど、何故かこの蛹は発見時既に真っ二つに割れており、中身はミニ蛹ばかり。(早速アリが狙っていますが)
もしかしたら、成虫は立ち去った後だとか?
だとすれば、蛹が少ないのも辻褄が合うかな?
と、もやもやしながら再び現場に行くと、
おおっ!!!
アリ(ヒアリではない)が大量に侵入し、カオスに!

そして翌日、蛹を植木鉢から剥がしてひっくり返すと、アリたちにすっかり養分を吸い取られて全身黒くなった羽化することのないアオムシコバチ(多分)の蛹が散乱しました(+_+)

うーん、アゲハの天敵の天敵はアリでしたか…
私がここで薬を撒けば、アリの天敵はヒト、そしてヒト―特に柑橘類の栽培を生業としている農家の天敵はアゲハなのですね…
こうして自然界はバランスを取っているのですね…
『きんかん』の死は決して無駄ではなかったと信じよう(-人-)

〔注〕アオムシコバチは、アゲハの幼虫や前蛹ではなく、蛹特に脱皮間もない柔らかいものに卵を産み付けるそうです。
ってことは、寄生が確定したのは、前蛹の『きんかん』がハチにたかられていた時ではなく、その後脱皮してからってか?
ってことは、鉢に目の細かいネットを被せる時、ハチも一緒に入れてしまったってか?
だとしたら、悔し過ぎ~\(>Д<)/
PR
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.