Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268
こちら、先日箕面の勝尾寺(かつおうじ)で引いただるまみくじです。
最初の一行でインパクトを受けて終わりではあまりにも芸がないので、是非クリックで拡大して読んでみましょう。
おみくじと言えば吉か凶かだけ確認して置いてきてしまう人も多いかと思いますが、本当に大事なのは中身です。
今後を占うものではなく、現在の注意点と考えればたとえ大凶でも恐るるに足らず。
そもそも適当に引き当てた紙一枚で未来が決まったら、たまったもんじゃありません。
実際、大吉と大凶って、これを見る限り圧倒的な違いはないようです。
「願望」は「自戒によって成る」と「叶い難し努力せよ」で、「方角」は「南方なればすべてよし」と「西ならばよし」、「学業」は「自重せば成就す」と「念入りにすべし」とか、似たり寄ったりやん。
ただ大凶の方が多少面白くないことが書いてあるなという程度です。
いずれにしろ、生活のヒントのようなものが記されているだけ。
あ、和歌もなかなか深いですね。
解説付きですが、今の自分に当てはめて、身の周りに起こったことを顧みるのもいいでしょう。
つまり、大吉が出たから大喜び、大凶だったら茫然自失、という有り勝ちな反応はかなり短絡的で非建設的であると言わざるを得ないのです。

相変わらず、花屋の商売は厳しいです。
でも、暇に任せてこの時期限定のフリージアやスイートピーの匂いを嗅いだり、普段あまり気に留めていなかった場所を綺麗に掃除して悦に入ったりと、それなりに楽しんでいます。
この事態は吉なのか凶なのか、糾(あざな)える縄というより、表裏一体のような気もする今日この頃です^^;

<おまけ>末凶やて?!
PR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.