Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295
さて、初期メンバー『A』『B』『C』『D』全員無事に私の元を去ってゆきました。
残るは4頭、まだまだ気は抜けませんが、何とか皆元気に旅立てるよう全力でサポートする所存です!

見つけた時は雨に濡れた小さな小さなケムシで大丈夫か?と心配した『ちびこ』もすくすくと育ち、7月11日、蛹になる場所探しに出発しました。
いつも通りイモムシにとっては大きな段ボール箱に入れ、脱走できないようネットで蓋をして、2時間後に覗いてみると、
あれ?いない?
外へは出られないし、出た形跡もない。
ネットにも引っかかっていない。
箱の中で忽然と消え失せた?!
もしや、と思い箱の底の少し浮いている段ボールをそーっと起こして見ると、
おっ!この緑色は…
いたー^^
しかしあんた、そんな所じゃチョウチョになれないよ。
どう考えても羽化するには狭過ぎるので、箱を少したたむようにして、『ちびこ』が決めた場所の周りにスペースを作りました。
自然の中では、こんな風に場所選びを間違って、羽化の時に羽がつっかえて伸ばせなくてそのまま命を落とす子もいるのでしょう。
この時は足場作り中で下を向いています。
1時間後、前蛹。
右の黒いものは何?
どうも前蛹になる直前に1粒糞をするようです。
先に蛹になった6頭中4頭でも同じものが見られました。
多分、あと2頭のものは小さいので見逃したのでしょう。
12日には無事脱皮して蛹になりました。
この子はこげ茶色です。

他の子達はというと、
『おまけ』7月5日蛹になり、12日はこんな感じ。順調のようです。
『きんかん』6日、前蛹の時に蜂に止まられていたので寄生されているかもと心配したけど、7月12日の時点で蛹に怪しい変色などは見られません。もしかしてセーフ?
『くろこ』7月10日終齢に脱皮。この模様はやっぱりクロアゲハのようですね。ナミアゲハより大きいなぁ。

毎日、ケースの掃除と食草の管理、イモムシと蛹の観察で結構忙しいけど、実に楽しい。
虫に動じないことの利点は、花屋をしていて虫が現れても困らないことだけではなかったのですね^^
PR
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.