Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274
お盆も終わり、オリンピックも終わり、8月24日の地蔵盆も終わり、私の中の夏祭りはひとまず終了です。
当店では昨年より200本少なく仕入れたにもかかわらず昨年より大量に余ってしまった高級ハスが地蔵盆で売れるかと思いきや全く売れず、益々もって業界の衰退を実感させられた次第です(T_T)

さて、オリンピックと言えば日本選手が大活躍で私も結構気分上々でしたが、やはりいろいろと考えさせられる日々でもありました。
たとえば、「負け」について。
出るからには勝ちたい、金メダルを獲りたいのは皆同じだけど、勝者がいれば当然敗者もいます。
いや大勢います。
どこかで敗者になる確率の方がずっと高いのです。
今回も、勝って当たり前と思われていたレスリングの吉田沙保里選手がまさかの銀メダルとなり、マットの上で、インタビューで、表彰台で、翌日のテレビ番組でぽろぽろ涙する姿に、「もう泣かないで~頑張ったんだからもういいよ~謝らなくていいよ~みんな怒ってないよ~」と語りかけたのは多分私一人ではないでしょう。
ここまで来るのにどれだけ大変だったか、どれだけ重圧を感じていたかは本人にしか決してわからないことだし、増してテレビを見ているだけの凡人の私があの姿を採点する資格はありません。
でも、表彰式で隣の金メダルのマルーリス選手が少し困ったような表情を浮かべていたようにも見えたことを思うと、スポーツに限らず何事においても、負けた時はできるだけ早く気持ちを切り替えた方が自分も周りも幸せになれる気がします。
そこはさすがは一流アスリートの吉田選手、今は元気になって帰国されたようで、安堵しましたが^^

ところで、最終最大の勝ちって何でしょうか。
それは、お金持ちになることでもなく、仕事で成功することでもなく、勝負事で負け知らずなことでもなく、きっと、死ぬ時に「まあ悪くない人生だった」と心から思えること。
もしそうであれば誰もが人生の勝ち組になり得るってことですよね?!
何かにつけて勝った気がしない人、この指止まれ!
一緒にこのユルーい仮説を信じて最後のリベンジを狙いましょう(^◇^)/
PR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.