Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238
三代目がセリに参加している神戸市中央卸売市場が何やら随分新しくなるそうです。

昔は伝統的な手セリ(手指の形で数字を表す)だけでしたが、数年前よりネット経由の先取り注文が始まりました。
ここでまずネットが使えない花屋さんは仕入れのチャンスを一つ逃してしまったわけであります。
基本的に三代目はかなりの機械音痴ですが、仕事上切羽詰って必要に迫られていつの間にやらネットでの仕入れもパソコンでもスマホでも普通にできるようになり、何とか時代の流れに乗り遅れずに済んでいます。

しかしこの2月からは、何と全てのセリがタブレットで行われるのだとか。
市場ではタブレットを持っていない人には貸与し、どんなに機械音痴であろうとハイテクアレルギーであろうと有無を言わさず「これ使って入札してください。以上。」となるのです。
逆に、市場に出向かなくてもパソコンかタブレットがあればセリに参加できるという利点もあります。
最近は、買参人席に据え付けの機械セリを導入する市場が増えてきたようですが、タブレットの方が低コストで融通が利きそうな感じ。

勿論、この話が出てから古参の年配の花屋さん達から物凄い抵抗があったものの、既に決定事項であること、大金を掛けてシステムを導入したこともあり、覆るはずもない。
できるまでしっかり教えますから、と言われ、渋々触ってみたが、パスワードって何や!知らんがな!そんなもん初めっから入れとったれや!といきなり不満噴出。
でも本当にできなければ仕入れができない。
ということは、慣れない姫路へ行くか、最悪花屋廃業も止む無しなので、2月までには覚えないとねぇ…

三代目は、指紋まみれのiPad Airを武器に余裕の構えです。
今は実際のセリが終わった後で架空のネットセリが開催され、リアルタイムで各自好きな場所にいながら入札の練習をしている段階ですが、市場内の5か所で同時に行われるセリを、モニター上でその都度切り替え入札していくのは、結構難しそうですよ。
私もパソコンとタブレットの両方でちょっと触ってみたけど、なかなかせわしいわ…大丈夫かな、三代目…

23日の日経新聞の夕刊の一面は、「全国の漁業者、ネットでセリ」でしたね。
水産物においては卸売市場自体が縮小してきているようです。
それにしても、恐ろしい時代になったもんだ。
PR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.