Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
花や花瓶の水には、感染症の原因となる緑膿菌という細菌が潜んでいる恐れがあります。
そんな訳で、お見舞い用生花の持ち込みを禁止する病院が増えているそうです。
そのことによる生花の需要の縮小は勿論、病院内で営業していた生花店の撤退など、業界への影響は少なくなく、実に困った問題であります。

しかし、花の持つ癒し効果を取るか、安全を取るか、花に携わる者が言うのも何ですが、優先されるべきは当然後者でしょうね。
花の衛生面を改善できればいいけれど、かなり難しそう…
何たって、彼岸も終わり墓花製造も一段落したというのに私の右手の親指はこの有様です。

花のアクやらなんやら、毎日風呂に入っていても取れないんです。
花って目に見えるだけでも結構ババちいんだから、見えないモノはそりゃあもうどんだけくっついているか(>_<)
それに、花は生き物ですから水を換えたり傷んだところを切ったりと世話を焼かなければなりません。
元気な時なら楽々こなせることでも、入院中だとひどく疲れたりもするでしょう。
当然身体が弱っているのだから、細菌に対する抵抗力も弱い。
他に手伝ってくれる人がいなくてつい放ったらかしになると、折角の癒し効果も発揮されない。
余計な感染リスクはあるわ、癒せないわで、花だってきっと不本意ですよ。

清潔な花ってことなら造花やドライフラワーやプリザーブドでいいのでは?などという意見も聞こえてきそうですが、生花とその他では癒しの力が全然違います。
見た目の美しさだけでなく、生きているということが大変重要なのです。
生きて、変化していく。
この生命力が、たとえ最後に枯れてしまっても、癒しの原動力なんだと思うのです。
でも、生きていれば腐敗して細菌の温床にもなりやすい。
つまり、安全でしかも癒される生花というものは、現時点では無理っぽい。
ふー、いくら考えてもぐるぐる回るばっかりやー。
PR
最近の当店には花があまりありません。
理由は一言、「高いし弱いから」。
いやね、普通一般的標準的な花屋さんならいくら高くても仕入れると思うのですよ。
何故って、商品がなければ商売にならないし、花屋の場合、花は商品として売れなくてもディスプレイとして店内を飾るのに一役買うからです。
でも当店は薄利多売の下町の花屋、高い仕入れ値に見合う売値では誰も買ってくれません。
それに仕入れた端から売り切る気でやっているので、ディスプレイやサンプルを整える余裕なんてないない。
裏を返せば、それだけ回転が速く古い花が残りにくく常に新鮮な花を提供できるということでもありますよ^^
そういえば、近所のスーパーの生花コーナーは流石にスカスカでした。
花の専門店でなければ、高くて弱い時は当然そうなるでしょうね。

今はちょうどお盆と彼岸の間の閑散期です。
無理をして高い花を揃える必要がないのは幸いです。
仕入れ代金を節約し、廃棄を減らして、どうにかこうにか乗り切ることを、三代目は毎日腕を組んで考えています^^;

プリンターの件ですが、何と昨日突然死してしまいました(T▽T)
今日になって一縷の望みを掛けてスイッチを押すも、プリンターさんは最早うんともすんとも言いません。
おいっ、しっかりしろ!寝ちゃだめだ!…って、もう永遠の眠りに就いてしまわれたようで…
折角うまいこといったのに~
で、またまた調べる調べる…
すると、これはどうもよくあることのようです。
数年使うと、ある日何の前触れもなく使用中に電源が切れてそれっきりになったりする。
時限装置でも仕掛けてあるのか、やってくれたなCanonよ…

しかし、プリンターがないと仕事にならないので、新しいのを買わざるを得ません。
渋々調べる調べる…
そして選びに選んで結局やっぱりCanonのやつになりました。
まあ、同じメーカーなので再び顔料インクが出なくなった時の対処法は完璧ですがね。
せめてもの救いは、プリンターの入れ替えがお盆商戦前だったことです。
やれやれ…

花の値札作りを始めとして常日頃から大活躍のプリンターが、突然へそを曲げました。
一部の黒色が印刷できないのです。
「一部の」とは、染料インクと顔料インクの内、顔料インクのみ全く出ないことを意味します。
このCanon PIXUS iP4300は、黒を含む4色の染料インクと黒1色の顔料インクを使うタイプです。
7年使ったけど、寿命だと諦めるのはなんか悔しい。
って訳で、調べる調べる…

まずはプリントヘッドのインク詰まりを疑い、基盤部分は濡らさないようにお湯に半日浸けてインクを洗い流してよく乾かしてみました。
しかし、結果は変わらず。
他の色が大変綺麗に出るようになったのは良かったんだけどねぇ。

どうもプリンターさん、顔料インクの使い方をすっかり忘れてしまったみたい。
それなら、顔料がダメでも染料は全く問題ないんだから、全色染料で印刷すればいい、と思ったけど、染料と顔料の使い分けはプリンターが決めるってか…
何とかして私に決定権を譲ってもらえないかなぁ、とネット上をうろうろしていると、分かっちゃいました!

そもそも染料インクと顔料インク、得意分野が違いまして、ざっくり言って染料は写真印刷、顔料は文字印刷に適しています。
(他にもいろいろ特徴がありますが、長くなるので続きはWEBで…)
だからCanonのプリンターさんは、印刷するデータが写真に近いと判断したら染料の黒、文字だぞと思ったら顔料の黒を使おうとするようです。
そこで、その癖を利用して文字でも写真と勘違いさせるために、用紙の設定をプロフォトペーパーなどにしてしまうのです。
勿論、実際に印刷するのは普通紙でね。
すると、プリンターさん、まんまと騙されて全て染料インクで印刷してくれましたよ^^

これで暫くは買い替えずに済みそうだけど、取り敢えずお盆の最中に壊れないことを祈るばかりです。
ああああ~も~っ!!
ワールドカップ、日本がコロンビアに負けた瞬間、私は牛になりました…
でも、ここ2週間、いやこの4年間、夢を見させてくれたザッケローニ監督と選手の皆さんには感謝しています^^
個人的には多分夢らしい夢を持たない私にとって、日本代表が勝ち進んでいくことは、他者を媒介とした夢と言えるものでもありました。

そう、夢には、自分自身が実現すべき夢と、他人に託したある意味リスクを伴わない夢があります。
(真夜中に応援していると寝坊や遅刻のリスクはあるけどね^^;)
そして世間には、大きくなったら何になりたいのか、を始めとして、夢を持て、あなたは夢がないとか、夢がなければダメなのかと思わせるようなムードが蔓延っています。
これは特に前者についてなので、当然リスクを伴います。
にもかかわらず、無責任に煽るのです。
で、何か勘違いした人は、舞い上がって夢を追って周囲に多大な迷惑を掛けて破滅へと突き進むのです。
自分ならできる!とばかりに一攫千金を狙い商売に手を出して自爆する例など、掃いて捨てるほどあります。
夢があるねぇ、やってみないとわからないよ、等の甘言に後押しされて、気が付けば地獄ですよ。
勿論、基本的には夢を持つのはいいことだけど、最低限、努力に裏付けされていること、リスクの影響は最小限、できれば自分自身の中だけで吸収できることを確信できる場合にのみ、実行に移すべきではないか。

最近の三代目は、とにかく「無理に仕入れない」を心掛けているようです。
このご時世で、何の根拠もなく「売れる」と信じて高値で買い付けても、最後は廃棄物の山になることをよく知っています。
お陰でお客様から毎日のように「花少ないね」と言われても、私は平気。
小さな女の子の夢、花屋という仕事を続けるには、物凄く冷静に現実を見つめなければならないのです。
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.