Kobe Shitamachi No Hanaya 忍者ブログ
戦後間もない昭和23年創業、よそ行きの花、特別な時の花ではなく、お家で日常的に楽しんでいただける花、毎日神棚や仏壇にお供えする花を得意としております。 種類は多くありませんが、新鮮で長持ち、しかも納得価格です。 三代目とその妻の、花絡みのボヤキをどうぞ…
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
私は自転車通勤をしています。
シティサイクルと呼ばれる普通のママチャリです。
が、時々普通ではないと指摘されるのは「サドルが高い」ということです。
事実、サドルに座った状態では絶対に地面に足は届きません。
ペダルが最も遠い位置の時に足指の付け根でペダルを踏んだら膝が少し曲がるぐらい。
多分、スポーツバイク並みの高さです。
だから、止まる時はひょいっと前に降ります。
無理に座ったままで足を着こうとするより、ずっと安心安全確実です。
このスタイルで長年何の不自由もなかったのに、ふと気になって最適なサドルの高さなるものを調べてみると、大抵は、両足の爪先が地面に着くぐらい、とあります。
そうか、やはり高過ぎるのか。
これから先、運動神経が今より良くなる見込みもなく、運悪く転倒し社会の迷惑になる自分を想像すると、ここは一つ一般常識に素直に従うのが得策であるとの結論に至りました。

早速、サドルを「適正」に調節しこれで常識人の仲間入りだとばかりに張り切って出発したところ、いつもと同じ道であるにもかかわらず、景色が違って見えるのです。
目線がほんの10cm低いだけでこんなに違う。
なんか、こう、世間が狭くなった感じ…
しかも、ペダルを回すのにいつもより膝を曲げないといけないので妙に疲れる。
ハンドルが相対的に高くなったため上半身が垂直な感じで、登り坂で力が入らない。
やっぱ、これ、あかんわヽ(`Д´)ノ

そんな訳で、あっさり元の高さに戻しましたとさ。
でも、視点を変えてみると今まで見えていたものが見えなくなったり、その逆だったりと、いろいろ考えさせられることもあったという深~いお話でした。

因みに、足元を見れば幸せが^^

わかるかなー?
PR
啓翁桜(けいおうざくら)は、支那桜桃(しなおうとう)に彼岸頃に咲く小彼岸桜(こひがんざくら)を接ぎ木してできた品種で、親の特徴を受け継ぐ早咲きの桜です。
冬の桜のイメージが強いのですが、切枝として花屋に出荷されるものは、綿密な温度管理により12月から3月という長期にわたりうまい具合に開花するように育てられています。
こちら、1か月近く前に当店にやってきた啓翁桜です。
数本残った長い枝を、例によって三代目がもう売れないと判断してごみ袋に入れるべく切り分けたものです。
仕入れた時の長さのままで花が順次終わってくると枝にスカスカな部分が目立ってどうもカッコ悪く、そうなると当店では見向きもされなくなるのも事実だけど、こうやって短くしたら、ぜーんぜん気にならない!
しかもこの花は、一体いつ咲いたのか忘れるほど、散るのを忘れたのかと思うほど、長く咲き続けています。
少しずつ伸びる若葉が確かに時の経過を物語ってはいるけど、ピンクと緑のコントラストが却って鮮やかで綺麗^^

ここ数日のニュースでは、春の桜ソメイヨシノの開花状況が流れています。
当店の地元の桜並木は現在こんな感じ^^
今度の日曜月曜あたりは雨だそうですが、ちょうどその後が見頃かな、と期待しています。

自然の中で咲く桜は天気や気温の影響をもろに受けるためなかなか長くは楽しめませんが、それはそれで季節の移り変わりを強く意識させ、時間の無駄遣いを省みるきっかけにもなります。
やり残したことはないか、やっておかねばならないことはないか、いつ何が起こるかわからないこの不確実な時代に、後悔のないよう生きる術を日々模索しては挫折しています´Д`
こちら、先日箕面の勝尾寺(かつおうじ)で引いただるまみくじです。
最初の一行でインパクトを受けて終わりではあまりにも芸がないので、是非クリックで拡大して読んでみましょう。
おみくじと言えば吉か凶かだけ確認して置いてきてしまう人も多いかと思いますが、本当に大事なのは中身です。
今後を占うものではなく、現在の注意点と考えればたとえ大凶でも恐るるに足らず。
そもそも適当に引き当てた紙一枚で未来が決まったら、たまったもんじゃありません。
実際、大吉と大凶って、これを見る限り圧倒的な違いはないようです。
「願望」は「自戒によって成る」と「叶い難し努力せよ」で、「方角」は「南方なればすべてよし」と「西ならばよし」、「学業」は「自重せば成就す」と「念入りにすべし」とか、似たり寄ったりやん。
ただ大凶の方が多少面白くないことが書いてあるなという程度です。
いずれにしろ、生活のヒントのようなものが記されているだけ。
あ、和歌もなかなか深いですね。
解説付きですが、今の自分に当てはめて、身の周りに起こったことを顧みるのもいいでしょう。
つまり、大吉が出たから大喜び、大凶だったら茫然自失、という有り勝ちな反応はかなり短絡的で非建設的であると言わざるを得ないのです。

相変わらず、花屋の商売は厳しいです。
でも、暇に任せてこの時期限定のフリージアやスイートピーの匂いを嗅いだり、普段あまり気に留めていなかった場所を綺麗に掃除して悦に入ったりと、それなりに楽しんでいます。
この事態は吉なのか凶なのか、糾(あざな)える縄というより、表裏一体のような気もする今日この頃です^^;

<おまけ>末凶やて?!
このちょっとヘンな長い花弁とでっかい目玉のピンクの菊(!)は、フェアリースターサンバといいます。

「仏花としてのキクのイメージを払拭する、大輪で華やかな洋花風のキク」を目標として兵庫県立農林水産技術総合センターと兵庫県花卉協会が共同で平成17年より開発を進め、平成23年3月に農林水産省に品種登録申請したひょうごのオリジナルギク「サンバマム」シリーズの一種です。
実際に出回り始めたのはここ1、2年でしょうか。
花の世界では、このように弛まぬ努力により日々新たな品種が作出されているのです。

サンバの名の通り踊るように自由奔放な花弁、茎を立てた状態でひまわりのように花が正面を向くところなんか、とても生けやすいしカワイイと思うのに、とにかく客層が保守的な当店では案の定不人気でした。
花弁がふにゃふにゃ、萎れてる?、茎曲がってるし、etc.
違ーう!元々そういう花なんやー!
と、私一人で叫んでも、誰にも届かない(TДT)
年末、短い千両やら折れた菊やら金銀のペイントを施した柳の切れっ端と一緒に、売ることを諦めた三代目に処分されかけていたのを救出し、何とか連れ帰りました。

最初の写真はその2、3日後のものですが、この子は今でもこうしてふにゃふにゃとコップの中で頑張っています。
あわよくば、根が出てこないかなー。
そしたら、すかさず土に植えて育ててやろうと企んでいます。
世の中新作に目がない人も大勢いるはずなのに、当店ではどうもいけません。
折角の兵庫県出身、せめて他のお店や地域で大人気になったらいいのになー(´ω`)
ネズミが跳梁跋扈しています(-"-)
一階の店頭エリアはイルミネーション作戦(その後も続々増設)でかなり被害が軽減されたけど、たとえ小菊一輪でもやられていたら悔しいし、最近は二階の倉庫でも食い散らかしが発見されるようになりました。
向こうも決死の覚悟で来るのでしょうから、こちらも更に本気を出して…
これでも食らえ!
一階二階共に当店の夜は年中クリスマスです。

さて、そろそろ花屋の年末商戦が本格化します。
今年は夏が暑かったため千両や南天など実のものが不作ですが、三代目は頑張ってなかなかの良品を仕入れてきました。
こんな季節限定ものも定番商品も何もかも綺麗に売り切って、悩みのない正月を迎えられたらいいなー(´ー`)
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
よろしければポチッと
プロフィール
HN:
Lantana
性別:
非公開
自己紹介:
「樋口生花店」

所在地
 兵庫県神戸市灘区
 水道筋3丁目1
 灘中央市場内

 (灘中央市場北入口を
 入って北側2軒目)


営業時間
 8:15~18:15


休業日(曜日により変更することがあります)
 お盆終了後2日間
 1月1日~1月7日
ブログ内検索
携帯版URL
忍者ブログ [PR]


Copyright © 2009-2017 神戸下町の花屋 All Rights Reserved.